【ジュニアアスリートクラス】

小学校高校学年から中学生にかけては、身体の成長が著しく発達する時期です。
この時期にボディコントロールや身体の使い方を上手に行えていると、ケガが起こりにくくなります。

逆に言うと、この時期は成長発達の特性上、ボディコントロールや身体の使い方にズレが起きやすくなり、特にスポーツを行っているお子さんは身体の関節に負担のかかりやすい時期でもあるのです。

その結果、スポーツをしている中でいつの間にか関節や筋肉に負担がかかり、ケガに繋がっていきます。

●ケガを繰り返す。
●治ってもまた同じところが痛くなる。
●治ったはいいが、今度は別の場所が痛くなる。
●ぶつかって痛めた、捻って痛めたわけではないのに、膝や踵(かかと)、股関節、腰などが痛い。

そうならないためにも
自分の身体を思い通りにコントロール出来て動かしていくことがケガ予防には大切になります。

ケガしてしまう、ケガを繰り返してしまっているのは、
身体の使い方やボディコントロールを見直すサインでもありますので、ケガに苦しんでいる選手(お子さん)は
ご相談ください。

【幼児クラス募集のお知らせ】

幼児クラス

【小学生クラス募集のお知らせ】

小学生クラス

【ジュニアアスリートクラス選手募集のお知らせ】
●対象 小学5年生~中学3年生のスポーツを頑張っているお子さん(スポーツは問いません)

小中学生アスリートクラス

【無料体験・お問い合わせ】

お問い合わせ